オンラインカジノのライセンスと日本での利用の関係性

オンラインカジノのライセンスと日本での利用について

日本には、競馬やパチンコなどの公共ギャンブルが存在します。
しかし、それ以外の賭博行為は法律で禁じられていますね。

では、インターネットを使ってプレイする【オンラインカジノ】はどうなのか。
ネットで【オンラインカジノ】と検索すると、違法性について書かれた記事が
たくさん上がってきます。

オンラインカジノの違法性について、結論から言うと違法とも合法とも言えないのが実情。
しかし、現時点ではライセンスを取得した海外のオンラインカジノなら
日本人でも利用できます!

今回は、日本でオンラインカジノを利用する場合の注意点を、
日本の法律やライセンスの話を交えて紹介します。

日本の法律から見るオンラインカジノの合法性は?

まずは、賭博に関する日本の法律を見てみましょう。

刑法第185条と186条

刑法第百八十五条 【賭博】
・賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
刑法第百八十六条 【常習賭博及び賭博場開張等図利】
・賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
(刑法より抜粋)

このように、刑法185条でギャンブルをすることを、
186条でギャンブルをする場所を提供することを禁じています。

ただし競馬や競輪は、国が認めたいわゆる国営ギャンブルですので、
お金を賭けても違法にはなりません。

オンラインカジノと日本の法律賭博罪の関係

オンラインカジノのライセンスと日本での利用について

上記で説明したのは、日本での賭博行為を禁じる法律です。

そのため、海外で合法的にライセンスを得て運営されているオンラインカジノは、
日本の法律で裁くことが難しくなっています。

「オンラインカジノ側を有罪にするのが難しいのだから、プレイヤーを有罪にすることも難しい」
現在は、オンラインカジノを法律的に判断する一つの見方として、上記のように考えらています。

この説以外にも、オンラインカジノの法律性に関してはさまざまな見解がありますが、
現在の日本では、過去にオンラインカジノを有罪とした判例がありません。

以上のことから、オンラインカジノは法律のグレーゾーンであるという結論に至っているのです。
ただし、これは現時点でのお話だということをお忘れなく!

ライセンスのないオンラインカジノは違法

オンラインカジノを選ぶときは、まず「ライセンス」を持っているか確認しましょう。

日本人が安全にオンラインカジノでプレイするためには、運営会社がライセンスを取得し、
合法的にオンラインカジノを運営している必要があります。

また、この運営会社とは「海外の企業」でなければなりません。
もしも、運営会社が日本の企業であった場合、日本の法律が適応されるからです。

万が一、そんな違法オンラインカジノでプレイしてしまうと、
プレイヤーも罰せられます。

遊ぶ前には必ず確認して、オンラインカジノを楽しみましょう!

オンラインカジノで安全に楽しみたい方への注意点

最後にオンラインカジノをプレイする時の注意点をまとめました。

・TwitterやInstagram、ブログといったSNSでプレイ画像を公開しない
・SNS上で勝ったことを自慢しない
・オンラインカジノのIDやユーザー名を公表しない
・SNSのIDやユーザー名とオンラインカジノのIDやユーザー名を違うものにする
・チャットなどで個人を特定できる発言をしない
・入出金の履歴や勝ち金の履歴などを公表しない

以上の注意点は、ライセンスの確認同様、必ず守ってプレイして下さいね。

注意点にはSNSにまつわる注意が多いのですが、
これは近年ネット犯罪などが増えてきていることが理由です。

オンラインカジノ=大金が動く。これは当たり前です。
もちろんネット犯罪者たちも見逃さないでしょう。

予期せぬ犯罪に巻き込まれない為にも、個人情報は自分でしっかり守りましょう。