オンラインカジノのライセンス│監査機関とどう関係がある?

オンラインカジノのライセンスと監査機関の関係は?

日本でも人気が出てきているオンラインカジノ。
海外に目を向けると、大企業も参入するほどのメジャーな遊びとして知られています。

オンラインカジノには、優良なライセンスを取得した株式上場の大企業によって
運営されているオンラインカジノもあれば、お金を騙し取ろうと考える悪質な運営会社もいます。

ギャンブルの世界は大金が動くために、悪事を考える者も後を絶ちません。

さらにいえば、ライセンスを取得したあとの運営はどうなのか・・・
ライセンスの取得だけに力を入れて、あとの運営はいい加減だったら困りますね。

安全で信頼のおけるオンラインカジノかを見分けるために、
「第三者機関」による定期チェックを受けているかどうかを確認するという方法があります。

第三者機関は、ライセンスを取得して運営する会社を、定期的に監査する機関です。

この第三者機関が存在することで、プレイヤーの安全はさらに強化されます。

今回は、監査機関にスポットを当ててお話ししましょう。

監査機関による公平な定期チェック

私たちが安全にオンラインカジノで遊ぶには、
ライセンスを取得していないオンラインカジノを選ぶなどもっての外。

なおかつ、プレイヤーの安全性に直結する大切なことは、
ライセンスの保有だけでなく、その後の運営をどのように維持しているかということです。

そこで登場するのが、eCOGRA(イーコグラ)や、TST(Techinial Systems Testing)といった、
ライセンス取得後の運営を監視するシステムです。

提携会社や、運営会社の傘下での監視は信用が低いため、
会社とつながりのない「第三者機関」が定期的に公平で健全な運営が行われているかのチェックを行います。

オンラインカジノのライセンスと審査機関の関係は?

eCOGRA(イーコグラ)

オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)、eCOGRA(イーコグラ)。

オンラインカジノの歴史を辿ると、問題が起きてもプレイヤー側は泣き寝入りするしかない時代がありました。

しかし、時代とともにプレイヤーたちの声は高まり、
「プレイヤーの保護」のため、eCOGRA(イーコグラ)が誕生。

eCOGRAの活動は、公平な目線でオンラインカジノに関する基準を設け、
この基準に基づいてオンラインカジノを審査しています。
基準は非常に綿密に構成されており、審査も厳しいことで有名です。

その厳しさとは、厳しい審査で有名なライセンスを取得したオンラインカジノですら
落とされることもあるのだそう。

その上、一度審査をパスしても定期的に監査されるので、認定をはずされないよう
運営会社は運営の質を継続的に保たなければなりません。

以上のことから、ライセンスを取得したオンラインカジノの中でも、
継続的にeCOGRA(イーコグラ)の認定を受けているものは、さらに優良で信頼できるといえるでしょう。

ちなみに、eCOGRA(イーコグラ)の認定しているオンラインカジノで
トラブルが発生した場合、eCOGRAに仲介役として間に入ってもらうことも可能です。
万が一に安心なので覚えておいてくださいね!

TST(Techinial Systems Testing)

ゲーミングソフトウェアの公平性をチェックする監査機関、TST。

もとは、ヨーロッパやラスベガスなどランドカジノのスロットや、
アメリカの宝くじの監査を行っている機関ですので、監査の厳しさや技術は非常に信頼できます。
そんな技術力の高さを生かして、オンラインカジノの公平性を審査しています。

ソフトウェアの公平性が守られているからこそ、安心してお金を賭けることができます。
TSTの審査を受けているオンラインカジノなら安心ですね。

第三者機関は、私たちユーザーにとっては心強い味方。

オンラインカジノを安心して楽しむためにも、
ライセンスの保有確認と第三者機関による定期監査を受けているかは、
外せないチェック項目です。